なぜ無観客?

- comments(0) - sakasen

無観客試合についてはたびたび書いていますが、今朝の河北新報の一面中央に次のような写真がありました。

これは野球のものですが、驚きました。

 

サッカー天皇杯でも観客を入れて行うようです。

https://www.miyagi-fa.com/news/office-news/2020/09-19-14802/

 

それなのに、観客が数十人、少ないときは数人しかいないという女子サッカーの試合がいまだに無観客です。

なぜなんでしょうか。まあ、やる気がないということなんでしょうかね。

 

 

 

O-30女子県大会

- comments(0) - sakasen

JFA 第31回全日本O-30女子サッカー大会宮城県大会ですが、出場希望が1チームのみだったため実施しないようです。したがって、県大会出場希望チームのリトルスターズが宮城県代表として東北大会に出場するようです。

 

この大会はJFA主催の公式大会です。昨年までは2チームが参加していましたが、ついに1チームになっていました。10年前は5チームが参加していたんですがね。

皇后杯県大会の時も書きましたが、こちらはもっと由々しき問題です。宮城県では、女子サッカーが生涯スポーツとして成り立っていないということです。私ができることには限りがありますので、関係方面の更なる努力を期待したいと思います。

高校女子東北大会の会場

- comments(0) - sakasen

全日本高等学校女子サッカー選手権大会東北地域大会ですが、東北サッカー協会のサイトには

  開催日 2020年10月15日〜18日

  開催場所 にかほ市/TDK−ASC

とありますが、開催場所が他県になるようですのでご注意ください。

とはいっても、もともと一般市民は観れなさそうなんですがね。

U-18女子東北大会

- comments(0) - sakasen

全日本U-18女子サッカー選手権大会東北大会の日程が発表されました。

http://tohoku-fa.jp/?p=2570

 

無観客かと思いましたが、「参加チームの家族に限り観戦可能とし参加チームは チェックリストをメンバー表提出時に提出する。また観戦人数の制限や観戦場所 を指定する場合あり。(ただし感染状況の変化に伴い変更あり。)」となりました。

 

また、クラブユースとの関係については前回の投稿で北海道の例を出しましたが、同じようになったようですね。

「優勝チームは、・・・FA 第24回全日本 U-18 女子サッカー選手権大会への出場権を得る。 また、優勝チームを除き、参加チームの中で JCY に加盟登録をしている最上位 チームは、・・・XF CUP 2020 第 2 回 日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)への出場権を得る。」

つまり、優勝チームはU-18女子に出場。準優勝チームがJCYに加盟していればクラブユースに出場。加盟していなければ準決勝で敗れたチーム同士で代表決定戦を行い決める。その際も一方がJCYに加盟していなければ加盟しているチームが出場。なお、両方加盟していないときの想定はないようです。

 

ちなみに、東北クラブユースサッカー連盟公式サイトhttps://tcy-ff.com/2017/というのがありますが、加盟クラブ紹介には男子チームしか掲載されていないようで、どこがJCYに加盟しているかはわかりませんでした。

U-18とクラブユース

- comments(0) - sakasen

JFA第24回全日本U-18女子サッカー選手権大会とXF CUP 2020第2回日本クラブユース女子サッカー大会(U-18)らともに来年1月に開催されますが、これは7月に開催予定のクラブユースが1月に延期されたことによるものです。

そのせいか、クラブユースの大会要項には「JFA第24回全日本 U-18女子サッカー選手権大会にエントリーした選手の出場は認めない。」との記載がありますので、両方の大会に出場することはできないということです。


でも、両方に出られるチームがどのくらいあるのかとみてみた場合、東北ではほとんどなさそうですので、U-18東北大会にはあのチームが出るだろうから、U-18東北大会には出ないでクラブユース東北大会の方に出ようかというようなことがありそうで、どうなのかなと思っていました。

 

そういえば、JFAのサイトには両方の大会について掲載されていますが、東北サッカー協会のサイトにはU-18しか掲載されていませんので、さらに?です。

 

そんなとき、たまたま北海道サッカー協会のサイトを見ましたら、U-18北海道大会の優勝チームがU-18に出場し、準優勝チームがクラブユースに出場するとあり、なるほどと思いました。

さて、東北ではどのようになるのでしょうかね。

 

ちなみに、北海道大会は無観客試合ではなさそうです。

東北地域大学女子リーグ

- comments(0) - sakasen

東北地域大学女子リーグの日程は先日掲載し、「全試合無観客」と掲載しましたが、実施要項を見ますと「原則無観客」でした。すみませんでした。

 

もっとも、一般市民が観戦できるということではありませんが。

「試合観戦については、原則として「無観客」とする。但し、各大学にて定めている感染症予防対策ガイドラインにおいて、試合観戦が可能である場合は、試合当日に本部に参加者全員(送迎者 や保護者含)の「参加者リスト」【別資料】を提出する。」

だそうです。

 

無観客試合のガイドライン

- comments(0) - sakasen

先ほど書き忘れましたが、宮城県サッカー協会では「サッカー競技会等開催時の感染防止策(ガイドライン)について」を作成しております。

 

その中で、

 

(6) 来場者対応
 以下の項目の実行が難しいと判断された場合は、原則として無観客試合とする。
  事前通達
 協会ホームページに掲載する大会情報に、以下の留意事項を明記し、周知を徹底する。
 ・体調の悪い方は来場を控える。
 ・来場する際はマスクを着用する。
 ・大声での声援や大旗を使っての応援は行わない。
 ・場内では 2m の間隔を保ち、ハイタッチ、ハグ、肩組み行為は行わない。
  当日対応
 ・入場口、受付、トイレ等にアルコール消毒液を設置する。
 ・入場口で体温チェックを行う。もしくは、入場口で、体調の悪い人への感染自粛を促すアナウ
ンスを行う。
 ・飲食売店の運営は、安全対策に十分配慮した上で判断する。ドブ漬けを使用したドリンクの販
売はしない。また、アルコール類の販売も当面は行わない。
 ・喫煙所は設けない。
 ・場内アナウンス、電光掲示板等で、 事前通達 の留意事項のアナウンスを随時行い、守ら
ない方には直接注意する。改善されない場合は退場してもらう措置も講じる。

 

とあります。

したがって、これが実行できないから無観客試合にしているということだと思います。

 

でも、できないものなんでしょうかね。

無観客試合は永遠に?

- comments(0) - sakasen

8/22付け河北新報の秋季高校野球県大会の記事の中に

「準決勝以降は個人情報の提供、接触確認アプリ・・・への登録などを条件に、人数を制限した上で一般客の有料観戦を認める。」

とあります。

3回戦までは控え部員、保護者だけですが、準決勝、決勝は一般の人見れるということです。

他の競技についてはどうなのかわかりませんが、さすが我が道を行く野球です。

 

女子サッカーでは、選手のことを優先的に考えて無観客試合になっているようですが、一番お客が入りそうななでしこリーグは無観客ではありませんよね。一貫性がないような気がしますが。

 

まあ結局のところ、今年は何も観れそうにありませんので、来年になったらとは期待はしますが、無観客をやめる基準はあるのでしょうかね。なにか永遠に続きそうです。

 

 

 

東北女子サッカー選手権大会の日程

- comments(0) - sakasen

東北女子サッカー選手権大会の日程が発表されました。

http://tohoku-fa.jp/?p=2558

 

ただし、実施要項には「観戦については,無観客試合とするが、大会実施時期の社会情勢を踏まえて観戦可否を判断し,9月中旬に各チームへ通知する。」とあります。さて、どうなるでしょうか?

宮城県高校女子サッカー選手権大会

- comments(0) - sakasen

宮城県高校女子サッカー選手権大会の組合せが発表されました。

https://www.miyagi-fa.com/news/women/women-results/2020/08-19-14718/

 

ただし、「※観戦の有無については後日決定」だそうですので、良くても観戦は保護者のみということになりそうですね。

 

そういえば、8/18付け河北新報の甲子園高校野球交流試合の記事に、「年末年始のサッカーの全国選手権は無観客も想定して準備をしている。」「無観客開催とした場合でも、保護者の方は入れたいという気持ち」とありましたので、女子の方も同じように、保護者のみ観戦可能な無観客試合になりそうですし。
ちなみに、東北大会はまだわかりませんが、9月に行われるU-15女子の東北大会は無観客試合ですが保護者10名の観戦は認めることになっていますので、こちらもそうなりそうです。

なお、この記事には「大会関係者は毎日がどきどきだった」ともありますので、結局は大会関係者の覚悟次第というところでしょうかね。

無料ブログ作成サービス JUGEM